転職に関するネガティブな意見に振り回されないための会話術

日本の昔からの雇用環境は、新卒で入社した会社に定年まで勤める『終身雇用』が一般的でした。

終身雇用には、新卒で入社できればあとは問題を起こして解雇されない限り、仕事に困ることはない、というメリットがある一方、新卒で入社できなければその後の人生が惨憺たるものになる、あるいは入社後にそれほど努力しなくても食べるに困らず、優秀な社員にぶら下がる社員が出てくるといったデメリットがありました。

その雇用環境は時代とともに変遷し、近年では、終身雇用を掲げている企業の方が珍しくなった一方、第二新卒での入社や転職、中途採用なども一般的になりました。

ただ、一般的になったとはいえ、いまだに転職に対して良くないイメージを持っている人は少なくありません。
自分が転職しようとしたとき、周囲の人から様々な意見を聞くことになります。

そんな時、転職に対してネガティブな意見を聞いた時に、自分の決心が揺るがないようにするための会話術を踏まえておきましょう。

『転職は逃げ』だと言われたら

周囲の人に転職活動をスタートさせていることが知れてしまったら、何かと話題になるでしょう。

そんな時、口さがない人は簡単に「この会社から逃げるのか」ということを口にします。そういった意見を言う人は、転職活動をしている人に対して少なからず羨望と嫉妬の感情を抱いています。

置いていかれたように感じているのかもしれません。
ですので、そういう意見に対しては、むやみに反対意見を述べたりするのではなく、とりあえず同意しておきましょう。

ただし、本心で同意する必要はありません。

転職するのもしないのも本人の決断ですので、経済的に援助してくれるわけでもない他人の意見などに真剣に耳を傾ける必要はないのです。

自分の中で『逃げるための転職ではない』ことがはっきりしていれば問題ありません。

嫌味を言われることが増えるかもしれませんが、転職までの付き合いだと割り切ってスルーしましょう。

『逃げるのは悪いことではない』とも考えられる

近年、劣悪な労働条件で社員を酷使する『ブラック企業』がよくニュースになることがあります。

『逃げるための転職』が対外的にも正当化される一例としては、このブラック企業を辞めるため、という動機が挙げられます。劣悪な労働環境に長くいると、その環境に対する意識が麻痺していまい、当たり前となってしまいます。

しかし、労働者は法律によって保護されています。
会社のために滅私奉公する必要はまったくありません。

いつまで経ってもスキルが身に付かず、将来的にもステップアップが望めないような会社は決して良い労働環境とは言えません。
自分の人生は自分のものですし、会社のものではありません。

給料が安く労働時間が長いことを理由に辞めるのは何も悪いことではありません。
自分の人生を豊かにすることを目的としているからです。

大切なのは、ネガティブな意見を聞き流せる心のタフさ

転職しようとするとき、ネガティブな意見が耳に入ってきたら、まずはそれを聞き流すように努力しましょう。

最初はとてもストレスが溜まるかもしれませんが、何を言われても転職活動を中断してはいけません。

何故なら、ネガティブな意見を言った人がその後の人生の面倒を見てくれるわけではないからです。
ただ、自分にとってはポジティブな理由だと正面切って反論すると、カドがたつこともあるでしょう。

大変腹立たしい思いをするかもしれませんが、何も反論せず、あいまいに笑って聞き流しましょう。

愚痴を言いたくなったら、家族に打ち明けるか、アクセスを制限したSNSで誰かに聞いてもらいましょう。ネガティブな意見を聞き過ぎると精神的な負担になりますので、ネガティブな意見を言う人とは距離をおいて付き合うことをおすすめします。

転職に際しては、志望企業からもその動機について必ず質問されます。
その時にネガティブな理由を言っては、転職は成功しません。

仮にネガティブな動機で転職するとしても、他人からのネガティブな意見には耳を貸してはいけません。
そして、ポジティブな転職動機を考えておきましょう。

転職が成功したら、ポジティブに行動しよう

転職が無事に成功したら、心機一転、新しい環境で努力を惜しまないことです。
間違っても『こんなはずじゃなかった』などとは考えないようにしましょう。

そんなことを考えるのは時間の無駄です。
新しい環境にすぐに馴染めないのは普通のことです。
悩む時間があったら、馴染める努力をすべきなのです。

新しい環境になってすぐにネガティブな考えに支配されてしまうと、短期間で転職をくりかえす悪循環を生みかねません。

それでは、転職の成功の機会をくれた志望企業にとても失礼になってしまいます。
逃げの転職だろうとポジティブな転職だろうと、転職が成功したからには、そこで成果を残せるように、真摯に努力しましょう。