転職エージェントの面談に適切な服装マナー

転職活動をする際、これからの転職活動をサポートしてくれる転職エージェントとの面談がまず設定されます。
その際の服装にも、当然ながらマナーがあります。

一番ふさわしいのはもちろんスーツです。
しかし、在職中の場合、オフィスカジュアルが認められている職場では、面談の時だけスーツを着て行っては、転職活動をしていることが周囲に知れ渡ってしまいます。

服装について迷う場合は、気軽に転職エージェントに聞くようにしましょう。
もし、私服でOKと言われた場合でも、Tシャツにダメージジーンズのような、思いっきりカジュアルに振り切った服装は絶対にNGです。

私服OKと言われた場合でも、一般的な社会人のマナーとして、オフィスカジュアルにとどめておきましょう。

転職エージェントも人間ですので、面談時の服装を見て、社会人としてのビジネスマナーが備わっていないと思うこともあります。

そしてそれを言葉に出して注意してくれるとは限りません。
自分の人間性や常識を疑われるような行動はとらない方が無難というものです。

では、面談をする側であるキャリアアドバイザーは、面談時の服装についてどのように考えているのでしょうか。

転職活動で転職エージェントを利用する場合、利用者はビジネスシーンとはとらえていないかもしれませんが、エージェント側はもちろんビジネスとして、転職活動のサポートをするわけです。

私服やカジュアルな服装でOKと言われたとしても、ぼさぼさの整えていない髪や、着古したTシャツ、ペイントやダメージあるジーンズを着て行っていいわけではありません。

日本語の解釈の難しい点と感じるかもしれませんが、社会とはそういうものです。
わかりきったマナーについて、社会人として経験のある人物に懇切丁寧に説明してはくれません。

「そのくらいわかりますよね?」という言外の言葉が隠れているのです。
ですので、私服でOKと言われたとしても、オフィスカジュアルにとどめ、髪は整え、服装は清潔にし、派手なメイクもしてはいけません。

どの程度のオフィスカジュアルが面談にふさわしいのかわからない場合は、無難にスーツを選択することをおすすめします。

そんな常識には囚われない、と意気込む人もいるかもしれませんが、キャリアアドバイザーに『社会人としてのマナーに欠けているな』というネガティブな印象を持たれてしまっては、転職活動に支障を来たす可能性があります。
その点だけは留意しておいてください。

転職活動をするにあたって、服装や身だしなみを整えておいたほうがいい理由がいくつかあります。

1)『人は見た目が9割』はあながち嘘ではない
2005年に新潮新書から出版された、竹内一郎の著書で『人は見た目が9割』という本がありますが、そこでは、他人から受け取る情報の割合のうち、話の内容は10%にも満たない、という結果があると言われています。

つまり、見た目で9割を判断してしまう、あるいはされてしまうということです。
現実にそのようなデータがある以上、大切な転職活動のシーンにおいて自ら不戦敗を掲げるような真似はすべきではありません。

仕事さえできれば服装は関係ない、という会社もごくごく稀にはありますが、日本におけるほとんどの企業が、服装マナーをしっかり見ていると思っておいた方が良いでしょう。

2)志望する業界によって服装マナーは変わってくる
志望する業種によっても、ふさわしいとされる服装マナーは異なります。
金融業界は、男性なら絶対的にスーツがふさわしいと言えます。

女性の場合は、オフィスカジュアルでも構いませんが、色調は淡いものを選び、メイクもナチュラルメイクが基本です。

IT業界は、私服OKという企業が多い印象があるかもしれませんが、IT企業にも様々な会社があり、自社開発をしている会社と、顧客と常にやり取りしている会社ではふさわしいとされる服装マナーはまったく違います。

自社開発の場合は、休日に着る服装と同じような本当のカジュアルでもいいこともありますが、顧客とのやりとりが日常的に行われる会社では、男性はやはりスーツ、女性はオフィスカジュアルのことが多いようです。

ネットで求人情報を検索した場合、職場の写真や動画が掲載されていることもありますので、そういった情報を自分で探してふさわしいと思える服装をわきまえておくことが、転職活動において不可欠と言えます。

3)服装に迷ったらスーツ一択、だが、リクルートスーツはNG

新入社員として就職後、オフィスカジュアルの職場に勤めた場合、リクルートスーツ以降、スーツを購入していない、ということも十分にあり得ます。転職活動で着るスーツは、第2新卒でもない限り、リクルートスーツはNGです。

年齢にあったスーツを持っていない場合は、新たにスーツを購入しましょう。
社会人として服装マナーを守るための出費は必要経費と言えます。

その際、黒のスーツを選んでおくことをおすすめします。
例えば、明るいグレーは転職活動には不向きです。

ここまで、転職エージェントとの面談時の服装と、実際の企業との面接における服装を比べてみましたが、どのような印象を持たれたでしょうか。

転職エージェントとの面談では、よほど不潔な服装でない限り、服装についてはそれほど厳しくないとも言えますが、ビジネスシーンである以上、やはりスーツが無難であるということになります。

私服を選ぶとしても、オフィスカジュアルにとどめ、清潔さを心がけましょう。

転職活動のためにスーツを新調しようと考えている人は、転職エージェントに相談してみるのもいいかもしれません。
志望する業界に合うように適切なアドバイスをもらえるでしょう。