貯金はいくら必要?転職活動までに準備すべき金額

転職活動のために必要になるお金とは

転職活動をするにあたって、まず考えておかなくてはいけないのが、在籍している会社を退社してから次の会社に入社するまでの生活費です。在籍中に転職活動が成功し、退社後すぐに入社できれば一番いいのですが、そんなにうまく事が運ばないこともあります。むしろその可能性が低いと言えます。

そのため、転職活動を行う前に、ある程度は貯金をしておく必要があります。

生活費

これは必要不可欠なお金です。在籍している会社を退社してしまった場合でも、生活費を確保しなければなりません。長期戦を覚悟して、毎月必要な生活費の3ヶ月分は貯金を確保しておきましょう。

面接に行くための交通費および雑費

転職活動では、たびたび面接に行くことになります。その際の目的地は、会社にまだ在籍しているとして、手持ちの定期券の範囲でカバーできるとは限りません。転職活動を行う期間がながくなればなるほど、交通費はかさみ、ボディブローのようにのちのち響いてきます。

雑費とは、面接のためにシャツやネクタイ、タイピン、靴などを新調しなければならない場合に備えておくということです。また、履歴書にも添付する写真にも費用がかかります。
このように転職活動には意外に細かい出費が続くのです。

転職活動のための資金を貯めておくメリットとは

上述のように、転職活動を行うにあたっては、出費が続きます。それまで在籍していた会社を退社してから転職活動を行うならなおさら貯金が必要になってきます。

例え在籍していたとしても、出費が続くことに変わりはなく、慣れない転職活動のストレスと相まって、精神的な負担が積み重なる可能性があります。

人間というものは、ストレスを感じ続けると正常な判断が出来なくなってしまいます。それが転職活動にネガティブな影響を与えることもあります。長引く転職活動のストレスで、本来は志望していなかった企業への転職を決断してしまう、などです。

その点、経済的にある程度余裕があると、転職活動でストレスを感じても受け流せたり、余裕をもって対処できるようになります。
転職活動において、入社する企業の決断を誤ると、短期間でまた転職しようとする傾向があると言われています。そんな無駄なことを避ける

ためにも精神的に余裕を持つ必要があり、そのためには、経済的に安定した状況を自分で用意しておくことが不可欠となってくるのです。

転職活動を始める前に、用意しておくべき必要資金の額とは

これまでと同じような職種に転職しようとする場合は、スキルや経験を生かせるため、転職にそれほど時間を要しない可能性もありますが、これまでとは全く異なる職種に転職を希望する場合、転職活動が長引くことを覚悟しておかなくてはいけません。

1ヶ月の生活費に加え、交通費および雑費、自由に使いたいお金をプラスし、その額の3倍、つまり3ヶ月分の生活費は少なくとも貯めておくとよいでしょう。

可能であれば半年分の資金を用意しておくと、経済面でストレスを感じずに転職活動に集中できるのではないでしょうか。
失業手当に関しては、自己都合退職の場合、受給できるまでにかなり時間がかかることもあるため、あまりあてにしない方が良いでしょう。

失業手当を仮にもらえるとしても、それを除外して計算し、しっかり貯金することをおすすめします。

転職活動において必要なことは、何度失敗してもそれをいつまでも悩むのではなく、次のチャンスへと目を向けることです。失敗した要因を分析し理解できたら、次の機会に活かしましょう。それが転職活動を成功させるための近道となります。